臨時収入になるかも?フリマで賢く販売するコツとは?

>

トラブルに巻き込まれない為の注意点

対面だからトラブルは少ない?

元々フリマは不要になった製品を格安で販売するのが目的で、その製品に使用感があるのは当たり前でした。しかしフリマが浸透し、時には未使用品が出品される事もあり製品に対して求められるクオリティが高くなっています。
実際のフリマ出店の場合は、現物を確認して納得の上で取引をしているのであまりトラブルは起こりません。強いて言えば値段の交渉や、まとめ売りの交渉をしている時にトラブルが生じる事があります。
ちなみにフリマは個人間での取引になるので警察は介入出来ないと言われていますが、あまりにも悪質な場合は対応してくれるので安心して下さい。仮に少しでもおかしいと思った場合は泣き寝入りせずに警察やスペースを提供している運用へ速やかに報告して下さい

アプリはトラブルが多いって本当?

登録していれば誰でも取引出来るフリマアプリは、ある程度の匿名性があるので実際の出店よりもトラブルが多いと言われています。到着した製品が思っていたものではなかった。色や質感が違うと言うのは自己責任になるので仕方がありません。
しかし中にはスマホを販売する様な謳い文句で出品して、実際は箱だけを送ってきたという様な悪質なケースもあります。アプリに関しても出店と同じで個人間での取引になりますので、悪質な出品者はアカウントの凍結など、ペナルティを与える事もあるので被害に合った場合はすぐに報告して下さい。
また取引の際にメッセージをやり取りしている際にトラブルが生じる事もあるので、適度な距離感を持って対応するのがベストです。


この記事をシェアする