家庭で不要になったものはフリーマーケットで売ろう!

臨時収入になるかも?フリマで賢く販売するコツとは?

フリマを利用するには登録が必要?

使わない不用品を処分するのは良いけれど、まだまだ使えそうだしもったいない。自分以外の誰かが必要としているかも知れないので、処分するのは気が引ける。そんな時に格安価格で誰かに譲るのがフリマで多くの方が利用しています。
フリマの始まりはヨーロッパの地でした。その頃はフリーマーケットと言う名称では無く路上販売や蚤の市と呼ばれ、蚤がついている様な古い物、いらない物を販売している市場だからと言うのが由来です。蚤の市がフランス、イギリスでも広まり毎日の様に行われ多くの方でにぎわっていました。この頃になると衣服だけでは無く骨董品なども取引される様になりました。
そこからアメリカに広まり大規模なフリマが開かれ、そこには今では高級品のヴィンテージジーンズなどが格安で取引されていました。そして日本に伝わったのが1974年ごろで初めてフリマを開催した場所は大阪でした。その後、リサイクルが盛んになるにつれ庶民にも親しまれる様になりました。
そんなフリマですが、近年ではネットを通じて簡単に取引が出来る様になり自宅にある不用品の写真や情報を記入すれば、すぐに取引出来るのが若い世代を中心に支持を得ています。
今回はフリマにスポットをあてて、多くの情報を公開しています。イベントに便乗してフリマを開催したり、アプリでお小遣い稼ぎをしたりとライフスタイルによってフリマとの向き合い方は様々です。基本的な使い方や登録はもちろんの事、ちょっとした手間をかけるだけで高額取引が出来るコツも合わせて紹介しています。

フリマはいつから盛んになったの?

一言でフリマといっても実際にスペースを使う方法、アプリを使って取引をする方法があります。特にアプリを使う方法は写真や情報を入れるだけで、フリマを使えるので便利な反面登録が必要です。 ここでは登録方法だけでは無く、一般的な取引までの流れを説明しています。

高額取引も夢じゃない?確認すべきポイント

せっかくフリマに出すのだから、出来れば高額取引したいと思うのが当然です。しかしイマイチ買い手がつかない場合、ちょっとしたコツをつかむだけで買い手がつく事もあります。 写真の写し方や製品の並べ方など、アプリだけでは無く実際にスペースを借りたフリマでの取引も合わせて説明しています。

トラブルに巻き込まれない為の注意点

便利・高額取引が出来る様にフリマを活用するのは良いですが、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう事もあります。 正しい知識をつけてトラブルを回避したり、時には然るべき場所へ相談したりする事も重要です。実際にあったトラブルと合わせて公開しています。